« あけましておめでとうございます | トップページ

「小説家になろう」

ちょっと敷居が高くて手を出していなかったんですが
三国司さんの「北の砦にて」という可愛らしいお話を読んだ後
「なろう」に対する抵抗が無くなり、時間が許す限りいろいろ読みました。
オリジナルの二次というかw 読みやすいのが多いんですよね
ただ、中には目玉飛び出るほど上手い人もおられました。

有名すぎますが「ログ・ホライズン」
主人公は参謀タイプの人間で、一番勝率の高い作戦を選び取る天才
(作戦成功の為には汚いw手も使う別名腹黒眼鏡)
その天才っぷりを話の流れの中でほぼ10行未満で表現してました。
思わず「すげぇ……」と声がでてしまった。
伏線の張り方も見事の一言。
アニメ共々新作が楽しみです。

「謙虚、堅実をモットーに生きております!」
紹介いただいて読み始めました。が、作者、同年代ですね!w
「なろう」の中で一番人気のある、転生、チート(?)、(たぶん)逆ハーものですが
知っている人は知っている「ソロリティメンバー」とかw
そんな感じの昭和臭が仄かに香りつつ今風に料理されています。
キャラが立っているのでそれだけで話が進められる。ある意味これも凄いお話。

玉石混合な「なろう」ではありますが
書きたいものを書く。という基本姿勢がキラキラ眩しいばかりです。
しかし、色々書籍化されていますが、編集さん。誤字脱字以外もチェックしてあげて
不要エピ挿入で主題が霞んじゃっているお話もありますよ~(^^;

|

« あけましておめでとうございます | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151497/60980001

この記事へのトラックバック一覧です: 「小説家になろう」:

« あけましておめでとうございます | トップページ