やっと使ってもらえました

認証エラーで難しい症状からあたって復旧に勤めていたら
PCの時計がおかしくなっていたでござる。の、まあです。こんばんは
2114年ですって(@@; なんでどうしてこうなった
とりあえずこうしてニフにもインできるようになったからいいんですけど
本気で換え時なのかもなー

さてさて
100均のクッションで作った猫ベッド
全然つかってもらえなかったんだけど、やっと入ってくれたー!

140216_145401

でも二匹入るとちょっと狭そうねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎朝の苦行

 本当に寒くなるまで、家の猫達は布団に入ってきません。その代わり、私のふととも辺りに二匹ともまるまって寝ています。
 重いんです。
 二匹で7キロくらいあります。
 それが毎日毎日乗っかっています。
 寝返りをうってもなんのその、二匹は再びふとももの辺りに乗っかって丸まります。

 私の朝の苦行です。



 箪笥から鳩尾にダイブされるりはマシですけどね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コロナ……

 コロナはオシキャトと日本猫の雑種です。
 タマが最初に生んだ三匹の仔猫の一匹。抱っこが大キライ
 その子がここ数日、私にベッタリです。お前、どうしたんだい?(笑)あったかいから、うれしいけどね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋がこそっときた

 北海道の夏なんて、ほんの二週間ほどです。
 朝目覚めたときと、秋がこそっと来てました。
 猫達は肌寒くなってきたのか、私の布団で丸まって寝るようになりましたし、おまけに毛艶がものすごくよくなってきています。猫全般にいえるのですが、秋の猫は飼い主も見とれるほど毛並みが美しくなりますv
 もうちょっとしたら秋の味覚がお店に並びはじめるはず。
 今年はイクラの醤油漬け、つくろうかな……一人だと食べきれないんだよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬこその後Ⅱ

 下/痢も収まり、朝になれば「メシー、メシー」と起される日々に戻りました。ワクチン注射を受けるために土曜日病院へ連れて行きましたが、またキャリーに突っ込んだり出したりと、軽い戦闘を繰り広げました。前足の爪全開で力の限り抵抗するからけっこータイヘンです。

 さて、効果絶大なアイムスの腸管療法食ですが、市販されていないのでネットでググってみましたら、1㌔だと思って購入したフードが500gだった事に今更ながら気が付きました。
 たっけー! 500g1103円! ヒルズは1㌔で1280円前後です。
 しかし、猫の体調の為にはこの出費も甘んじて受けねばなりません。長生きして貰わねば……p(>_<; おかーにゃんは頑張って稼ぐよぉ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毛色でかわる?

 キョコたん、拍手ありがとうございます。猫の毛色で性格が変わる? という記事私も読みました。うちのはタービースポット(ブチのキジ?(笑))は社交的で好奇心旺盛。白黒の猫はツンデレです。
 ただ、どちらの猫も、弱っている人の側に擦り寄って行きます。
 アイス巡礼仲間とオフをしていると、その日体調の悪い人の側で座っている事が多いですね
 そうそう、外国では人の死を予言する猫、というのもいましたよ
 猫って人間の出すある種のオーラーが見えるんでしょうか?

 他の特徴と言えば……うちの子達は、オタクかオタクじゃないのかは、一撃で見抜きます。パンピーの友人には近寄りもしません
 ho orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●との戦い

 色々日記ネタは山ほどあるんですが、なにせ、ここ数日の娘猫の下/痢に振り回され、若干グロッキー。
 土曜日は給付金で猫たちにワクチンと健康診断を受けさせるべく、キャリーで連行。ついでに腹具合を見てもらおうと思ったら、娘猫のワクチン注射は一週間のお預け。
 下/痢よりむしろ吐く方が心配との事での治療を兼ねた一週間の様子見です。先生に「フードは?」と聞かれ「ヒルズのサイエンスダイエットです」と即答(市販のペットフードの中ではダントツの信頼と安全性=ちょっと高い)途端に先生困った顔。どうやら安いペットフードで「吐く」という症状がでる猫がいるらしいです。仕方がないので、病院のさらにお高い、腸内を整えるペットフードを購入し、しばらく様子を見ます。
 おかげで吐かなくなったし、●も少し固くなってきた~
 安心したら、部屋の中が気になります(^^; 本日、何時もはクイックルワイパーで済ませる拭き掃除を、雑巾両手に持って、はしっこからはしっこまで水拭きました。
 匂い消しにお香も炊きたいけど、切らしているので、スキを見て中央区で購入してこなければ!(お香だけは安物買いはしてはならないと学習済み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷちパニック

 本日、仕事を終えて帰って来たら、お迎えに出てきた猫達の娘の方、コロナが左足を引きずっていました。 Σ(゚д゚;) 
 私の側でじっと座って動きません。少し離れた所から呼んで歩かせると(コロナは呼んだら側に寄ってきます)やはり間違いなく左足を庇ってひょこひょこと歩いています。
 (lll゚Д゚)まあ、パニック!
 いえ、その時は冷静に、今までかかっていたかかりつけの獣医さんに電話し、ワクチン手帳を掴んで嫌がるコロナをキャリーバスケットに突っ込み、そのまま着替えもせずに病院へ走りましたが、今考えると、途中の記憶がすっぱり抜けているので、本気で冷静にパニくっていたようです。

 久しぶりにお会いした先生に、私の今現在の身上をお話し、新たな診療カードを作っていただいた上でコロナを診ていただきました。
 先生は強い打撲だと診断してくださり、「念の為にレントゲンを撮るというコトも出来ますが……?(多分打撲に間違いないと思いますから、必要ないと思いますよ?)」
 と言外に( )部分を強調なさり、私の不要の出費を抑えて下さろうとしていらっしゃったんですが「私が安心したいので、レントゲン撮ってください」とお願いしたら、笑っていらっしゃいました。良い先生なので、自宅から途中に何軒も動物病院があるんですが、こちらの病院へ行ってしまいます。
 レントゲンには、キレイな骨が写っていて、ひびも無ければ折れてもいませんでした。
 ほっとしました。
 大丈夫と保障して頂いても、ビッコひきひき歩く姿を一晩二晩心配しつつ見守る勇気と根性は私にはありません。本当に安心しました。

 痛み止めを注射していただいて、キャリーに入れて帰る途中、家が近づいてきたら、ソレまで不平不満一杯のコロナの鳴声が甘えたものに変わりました。
 玄関に入りキャリーを開けてやると、母ネコのたまが珍しくコロナにすりより、二匹でゴロゴロと喉を鳴らしていました。どっちかと言うとツンデレ親娘ですが、やはり飼い主が顔色変えて一匹連れ出したら、異変を感じたんでしょうね

 私は人より沈着冷静だと思っていましたが、どうしてどうして、人並みにパニックおこすんだなぁ、と、今しみじみしております(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐるめ?

 私が仕事から帰ってくると、飼い猫のたまとコロナは「にゃーにゃーにゃー」と大歓迎してくれます。
 冷蔵庫の前で……
 彼女らの目的は、私が帰宅したら必ず上げる「アラスカ」です。ネコには塩分が多いので、一本を二匹で半分こにしてたべさせますが、この「アラスカ」実は色々似たような商品があるにも関わらず、ある一種類しかうちの娘たちは食べません。
 先日ふと気がつきました。うちの子達が食べるのは「堀川」「アラスカ」……
 そうか……時々違うメーカーの買ってきても、食べなかったのはそーゆーわけか(^^;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シッコ魔猫

◆我が家の飼い猫「コロナ(ダービースポットの大きい方)」は、なぜか布団にシッコをしたがります。何か不満があると、布団が濡れている! (T-T)ああっ、ヤラレタ! なんてしょっちゅうです。最近はシッコ避けにナイロン製のテーブルクロスを布団に掛けておいてますが、帰るとちゃんとそこにシッコが……(苦笑)まさしく、いたちごっこです。
 日曜日、PCに向かっていると「ニャ、ニャッ」と鳴きながら布団を掘り、「コロナ!」と強く呼ぶと、潜りかけた布団から飛び出してきます。カワイイんですけどね、シッコするつもりだったんだろうと、私と目を合わせようとしない様から伺えちゃうんですね、これが(~~; クリーニングから帰ってきた布団は今のところ無事ですが、どうなることやら……

◆神子さま、ご心配おかけしました(^^; すみません。
 聖乙女さま、お待たせしました。楽しんでいただけて何よりです(でも、懐かしさが先にきませんでした?(笑))
 無記名ですが、沢山のキョコたんも拍手ありがとうございました。やっぱり、甘いお話だと、きっと天使キョコたん達が大喜びなのですね~

◆こそっと、別館拍手更新しときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧